ディズニーのキャストだけが住める!多国籍なディズニーワールドの寮ってどんなところ?

ディズニーワールドで働く、CRプログラムやカレッジプログラム等に参加しているキャスト達はDisney Housingというキャスト専用の寮に暮らしています。

CRプログラムに参加していた私も、もちろんこの寮で1年を過ごしました。

ディズニーのプログラムは世界中の人が参加しているので、もちろん寮生活も多国籍。

そこで今回は世界中から集まるキャストが一同に会す、ディズニーワールドのキャスト専用の寮について紹介していきます!

 

 

スポンサーリンク

寮の種類

キャストが住む、Disney Housingの寮は全部で4つあります。

Vista Way

The Commons

Patterson Court

Chatham Square

と、それぞれ名前がついていて、

基本的にキャストはキャスト専用のバス、もしくは自分の車でパークと寮を行き来をしています。

ちなみに私はこの中で1番古い寮のVista Wayに住んでいました。

 

それぞれの上記の名前のついた寮のエリアに2・3階建てのアパートの棟が幾つか建っていて、それぞれの部屋でルームシェアをしながら暮らしています。

 

家賃について

家賃は前述した寮でそれぞれ違いますが、週103~200ドル程度でお給料から天引きされた形で支払われています。

水道・光熱費・固定電話代も含まれた金額で、多く使ったとしても一律料金なので安心ですし、

水道が詰まったり、部屋に不備があった時もDisney Housingのキャストに伝えると無料で直してくれます

 

家賃は寮の古さや部屋の収容人数によって変わってきます。

寮の選択やルームメイトの人数はディズニーによって決定されるので希望が叶えられるとは限らないのですが、

私の場合は1番古い寮のVista Wayで6人3部屋の家だったので110ドル程度でした。

1番新しいのはPatterson Courtで、キレイな分、同じ人数でも割高な印象です。

 

 

備え付けの家具や設備

寮は基本的に家具や備品が完備されています。

ルームメイトは共有する場所で言うと、

キッチンは冷蔵庫・電子レンジ・食器、

リビングはダイニングテーブル・椅子、

ダイニングソファと背の低いテーブルもついています。

 

ちなみに冷蔵庫は6人で1つをシェアしていたので冷凍庫は常にパンパンな状態になっていました笑

ネットも繋がっているのでルーターを買えば各部屋でwifiを繋げることも出来ます。

洗濯機に関しては寮によって違って、Patterson Court等新しい寮は各部屋に共有の洗濯機が一台ずつ置かれていましたが、

Vista Wayはアパートの外にあるコインランドリー的な洗濯乾燥機を使って洗濯をしていました。

この洗濯機、25セントコインかカードで動くのですがカードをなかなか読み込んでくれないことが多かった為、

常に買い物に行くときは25セントをお釣りとして溜めておき、

洗濯の時に一気に使う!というやり方をしていましたが、

時にはコインが足りなくて洗濯ができない!ということも…笑

人生で1番カード社会のアメリカでコインを使っていた時期でした…笑

 

もしディズニーの寮で暮らす際はある程度の枚数の25セントを両替して持っていくと、もしかしたら便利かもしれません笑

 

部屋にはベッドや鏡のついたタンス、ベッドサイドテーブルとカードボードが壁に取り付けられていて、

基本的にはベッドマットや枕・ブランケットとリネンを持って来れば、その日から生活出来るような設備になっています。

 

私は6人のルームメイトとキッチンなどの共有部分を使い、3部屋×2人でルームシェアをしていました。

シャワーとトイレは繋がっている、いわゆるユニットバスタイプで

私の寮の場合は1つの部屋は中に入るとシャワールームがあり、

他の2つの部屋の間(リビングに繋がった場所)にもう1つシャワールームがあったので、片方は2人でシェア、もう片方は4人でシェアして使っていました。

 

ディズニーの寮は、基本的に2人か3人でルームシェアをするので完全にひとりの時間を作るのは生活時間が同じ場合、ほぼないかなと思います。

中にはホテルで勤務しているキャストがルームメイトの場合、深夜勤務などがあると同じ部屋でも滅多に顔を合わさないということもあるようですが、

私は同じ日本館で働くCR生がルームメイトだったので、

電話をする時も自分の部屋で話そうとするとルームメイトがいたりして、

少し気を使う部分はありました。。。

が、お互いスカイプなどで電話するときは、電話先の相手とルームメイトも含めて一緒に話したりすることもあり、それもそれで楽しかった良い思い出です。

それがきっかけで、ルームメイトの友人とも友達になり、日本に帰国した後にルームメイトとその友人と一緒に遊びに行ったりもしました。

 

 

立地について

ディズニーワールドはLake Buena Vistaエリアに位置していて、

寮も同じエリアに建っています。

 

ちなみにGoogle Mapで出てくるので気になる人は調べてみてくださいね。

参考までに住所も載せておきます。

※寮は警備が厳しく、中に入るには専用IDを持ったキャスト、または寮に住むキャストに申請してもらわないと中に入れません。

Vista Way

13501 Meadow Creek Dr, Orlando, FL 32821

The Commons

Gables Commons Dr, Orlando, FL 32821

Patterson Court

12724 Patterson Club Dr, Orlando, FL 32821

Chatham Square

8150 Chatham Manor Blvd, Orlando, FL 32821

下の地図で見てみるとわかり易いのですが、左下に離れたところにVista Wayがあり、他の3つの寮は右上に位置しています。

ちなみに3つの寮の上につけた☆マークですが、左がアウトレット、右はPublixというフロリダではメジャーな少し高級感のあるスーパーがあります。

4つの寮のうち、The Commonsから唯一歩いて行くことが出来て、アウトレットは徒歩10分くらい、スーパーは20分くらいの距離です。


 

アパート以外の寮の設備

Disney Housingはアパート以外にも、

プールやジム、ITルームは各寮に完備されていてディズニーのDVD等は無料で貸し出しもされています。

他にもキャスト用の施設としてテニスコートやバーベキュー施設などアクティビティを行うことのできる場所もあります。

 

お休みの日はプールサイドでのんびりしたり、

仕事後はジムで汗を流したりすることも出来るので体を動かしたい人も満喫できるかなと思います。

 

私はディズニー映画が大好きなので、見逃した映画などを沢山借りて部屋でのリラックスタイムに英語の勉強がてら、よく観ていました。

ITルームにはパソコンはもちろん、シアタールームのような場所もあるのでキャストの友達と一緒に映画鑑賞会などもしていました。

 

寮で開催されるイベントも盛りだくさんで思い出の詰まったディズニーの寮生活。

良いこともあれば、苦労したこともあって、本当に暮らしてみないと経験できないことが沢山ありました。

 

 

寮でのイベントやルームメイトとの共同生活についてはまた後日、紹介していこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました